ABOUT 新潟神事

■新潟神事-NIIGATASINJI-について

新潟神事 当サイトは、「響’連」をはじめとする新潟の踊り子チームの演舞や、新潟の踊りに関するお祭り・イベントの様子を、写真を通して多くの方々に 紹介していく目的で開設しました。サイト名どおり、「新潟」の「神事(神業、祭り)」を紹介するサイトです。
 当サイト名の由来は、「よさこいにっぽん新潟 響’(現:響’連)」の演舞曲「新潟神事」からきています。私がはじめて「よさこい」というものに出会ったのは、今から3年前(2003年)の9月、新潟市の万代シティ交差点などで行われた「第2回にいがた総おどり祭」でした。はじめて観る、響’の演舞。 「技ではなく、心で踊る」その姿に、衝撃を受けました。結局、祭りが行われていた3日間すべてに足を運び、炎天下の中、立ち尽くすように見入っている自分がいました。感動し、魅了されたそのときの演舞が「新潟神事」です。

■響’連について

響’連 2001年春、高知の「よさこいにっぽん須賀連(現:須賀連)」の演舞に感動し、新潟でよさこい祭りを広めるために、能登剛史、岩上寛、両氏が中心となって発足したボランティア団体の踊り子連が、響’のはじまりです。「響’連」は、チーム自体が「にいがた総おどり祭」の実行委員であり、所属する踊り子たちは演舞のみならず、各方面で祭りの中心を担っています。祭りの準備期間にはポスター貼りや協賛集めに奔走し、祭り直前までメダル作り、ウェルカムカード作りなどを行い、設営、祭り運営、撤去作業に至るまで、日々、祭りを動かし続けています。決して歴史の深い踊り子連とはいえませんが、演舞は一本芯の通ったようなキレがあり、謙虚で真面目な姿勢からも、県内外問わず多数のファンがいます。
 響’連は「よさこいにっぽん新潟 響’」時代、「愛の響き」、「新潟神事」と、鳴子踊りの名演舞を披露してきましたが、3作目の「天の手振り」で、鳴子を持たず、手振りと指先の動きで表現するという新たな試みに出ました。そして、4作目の「神剣」より、「よさこいにっぽん」をチーム名から外し、本格的に、鳴子に縛られない新たな表現を追及していきます。今期は「天地の大愛」という楽曲で、三つ巴という斬新なプロジェクトにも参加し、国友須賀先生の振り付け、松浦晃久先生の楽曲によるIZANAIワールド全開で突き進んでいます。

■にいがた総おどり祭について

にいがた総おどり祭 能登、岩上、両氏に加え、新潟に新しい祭り文化を根付かせるべく、高知の須賀連より迎え入れた佐藤春雄氏の3名の手により、「にいがた総おどり祭」は産声をあげました。 毎年9月の3連休に開催されるこの怒涛の祭りは、にいがた人の熱き魂を呼び覚ますための、まさに踊りの祭典です。 いまだに語り継がれる第1回の苦労話も、今や笑いながら振り返れるような状況になりましたが、総おどり祭はまだ5歳。 この祭りが、新潟にしっかりと根付き、未来の子どもたちへ受け継ぐことができるよう、毎年、知恵と情熱いっぱいの工夫を凝らした企画が催されています。
 第4回では、300年前に実際に新潟で踊られていた「下駄踊り」を復活させ、第5回では古町通りを使った「下駄踊り行列」を実現しました。このロマン漂う熱い新潟に、今、全国から熱い視線が注がれています。
  「にいがた総おどり祭」の参加条件は「心を込めて踊ること」のみ。よさこいはもちろんのこと、JAZZやHIP HOPなど、どんなジャンルの踊りでも参加できる、とっても自由なお祭りで、参加踊り子数はついに1万人を超える規模になりました。 それぞれの想いと想いが融合し合い、最後の「総踊り」では、まさに「神事」のごとく、大きな感動を生み出します。

■著作権について

 画像や文章など、人が生み出すもののすべてに著作権というものが存在します。当サイト内にあるすべてのコンテンツの著作権は、管理人である鼓太郎が所持しています。著作権で保護されるものを著作物といい、著作権を所持している者(ここでは私「鼓太郎」のこと)を著作権者といいます。
 著作物はいかなる理由があろうとも、著作権者の許可なく、無断で複製・流用することはできません。ただし、当サイト内の画像は、現状、容易にダウンロードが可能です。
 前述したとおり、すべての画像には「著作権」があり、人物を特定できる画像には「肖像権(後述)」が発生します。画像をダウンロードした場合、ダウンロードした方ご自身が「著作権」、「肖像権」等をご理解の上、お取り扱いいただくことになります。ダウンロードした画像の取り扱いにより発生する責は、当方では負いかねます。
 なお、当サイト内の画像で人物が特定できるものはずべて個人情報に配慮し、当サイトで掲載する以外に営利目的で提供もしくは貸与することはありません。

■肖像権について

 当サイト内にある画像のうち、人物を特定できるものにはすべて肖像権というものが存在します。肖像権の中には「勝手に写真を撮られない権利」、「勝手に公開されない権利」といったものも含まれます。本来、当サイトで公開しているような写真を撮影する場合には、事前に被写体となる方の許可を取り、サイト公開の許可も取る必要がありますが、現実問題、それは難しく、そのほとんどが無許可での掲載です。
 肖像権については国内法に記述があるわけではなく、肖像権侵害について、どこからが罪となるのかは判断に迷うところですが、当方としては、「公の場で公然たる活動を行っている場合」かつ、「被写体の名誉・人格を尊重した形」であれば、罪とはならないという解釈のもと、画像を掲載させていただいております。もちろん、民法上の不法行為には該当しますので、掲載画像について問題等ございましたらすみやかに対処させていただきます。その際はお手数ですが、ページ下部にあるメールアドレスまでご連絡ください。

■当サイトへのリンクについて

新潟神事バナー 当サイトへのリンクは、基本的に無許可・無連絡でも構いませんが、メールかブログでお知らせいただければ、後で遊びに行かせていただきます。なお、リンク先URLはページの構成上、必ず「http://kotaro.photo-web.cc/」にリンクしていただけますようお願い致します。※リンク用画像が必要な場合は、右の画像をお使いください。
 また、相互リンクに関しましては、誠に勝手ながら、当サイトのコンセプトに合ったサイトに限り受付けております。当方でこのサイトと無関係だと判断したサイトに関しましては、相互リンクはできかねますのでご了承ください。

■最後に・・・

 「にいがた総おどり祭」をはじめ、そのほかの様々なイベントにおける感動の瞬間を、その場にいられなかった人も含め、多くの人々と共有したり、過去の情景に想いを巡らせる手段として、当サイトが一助になれば幸いです。
 私は縁あって、にいがた総おどり祭オフィシャルスタッフとして記録写真を撮らせていただいています。スタッフとして関わる総おどり祭は格別です!共に祭りを創りましょう!